ギャンブル

ダークホースとは?稼げるのか?詐欺なのか?

こんにちは(^-^)

ブログの管理人のひまわりです!

お越し頂きどうもありがとうございます!(^^)!

今回はダークホースという
オファーについて考察していきたいと思います。

現在、本業の勤務先である会社からの
給料以外に副収入を得たいという方はとても増えております。

昔のように定年まで働いて、
安心した老後を暮らせるという時代は終わってしまいました。

機械化やAIの導入などによって
人が行っていた業務がどんどん入れ替わり、
早期退職制度などのリストラを行う会社も出てきております。

幸いにも会社勤めをしていたとしても
長引く不景気やデフレという事もあり、収入が減っております。

そのような中、
社会保険料や税金がどんどんと高くなり、
実際に私たちが使う事が出来るお金自体も減少傾向です。

そのような状況のため、
会社側も以前は副業禁止の所が多かったのですが、
徐々に副業を解禁せざるを得ない会社の数が増えてきました。

そのため、書籍やネット上には
数多く副業のオファーが非常に多く出回っております。

その中には残念ながら
詐欺であるものや詐欺まがいなものも非常にあふれております。

詐欺被害者が出ていなければ良いと願っている毎日です。

本当に稼ぐことができるのか、徹底的に考察していこうと思います。

私事ですが、
現在FX自動売買ツールにて、副収入を得ております。
こちらのサイトの一番下側に表示致しました。
もしご興味がありましたら、ご覧頂ければと思います!
・・・

ダークホースの特商法(特定商取引法)について

特商法(特定商取引法)とは、
インターネットなどの通信販売に従事する者が開示しなければならない内容です。

昭和51年に施工された法律です。

その後、通信技術の発達によって
また通信販売の形態が変わったこともあり、改正が何度も行われている法律です。

目的としては、消費者である私たちから
違法で悪質な勧誘等のトラブルから身を守る法律です。

もしも表記していなければ、
消費者に対しての裏切り行為であると言えます。

じっくりと確認して参りましょう。

今回の特商法(特定商取引法)として以下の通りに記載されています。

〇特商法(特定商取引法)の記載なし
・・・

・・・

商材が本物であっても、
特商法(特定商取引法)がないというのは論外ですね。。。

記載がないという事は、
もしも購入者側で、当該法律に基づいて
クーリングオフなどを8日以内にしたいとなった場合、
対応してもらえないという事が考えられます。

つまり泣き寝入りになってしまうかもしれません。

販売者名、住所、電話番号、個人情報の取扱方法、
販売金額、返金方法などが特商法(特定商取引法)には記載されております。

特に電話番号やメールアドレスがなければ連絡することができませんよね。

加えて、住所がなければ、
内容証明郵便などでトラブルを解決するという事もできませんよね。

ダークホースの内容

200万円の完全保証と謳っておりますが、
特商法(特定商取引法)の記載がありませんよね。

つまり完全保証と謳っても効力がないという事ですね。

累計3億円を荒稼ぎできたシステムがあるようですが、
どの期間で3億円を稼いだのか分からない部分であります。

システムという事は、何かしらのシグナル配信とか
自動売買ツール(EA)という事になるのでしょうかね~

さらに具体的な内容を見ていきましょう。

すぐにでもお金が欲しいという方向けに
表記されていますので、現在資金に余裕がない方に使って欲しいようです。

一般的に、投資となると、
資金に余裕がある人がすべきものですが、
資金に余裕がない人向けに行って問題ないのか不安になります。

どのような事業なのか、公開はされていないです。

当然参加料金のような形で
金銭の支払いが必要になってくると思いますが、その点は提示していません。

しかしながら、経験上、実績の様子を確認する限り、
そしてタイトルであるダークホースから判断できますね。

それは、まさしく競馬と判断できます。

競馬はもちろんギャンブルの1つであります。

競馬場で行われるレースにて
競走馬のゴールする順位を当てるというものです。

当たれば一攫千金で、外れれば資金を全て失ってしまいます。

投資とギャンブルの違いを申し上げます。

投資は毎回を全ての資金を失わないけれども、
ギャンブルは資金を失う可能性を秘めているという点です。

ダークホース 評判と評価について

ダークホースの評判と評価についてまとめてみましょう。

ですが、まだ公開されて期間が経過していない案件という事もあって、
情報が公開されるまでもう少々期間を必要とすることが分かりました。

加えて、こちらの案件に参加するにあたり、
有料なのかはたまた、無料なのかまで分からない状況です。

インターネット情報には、
第三者の意見を参考にできる素晴らしい媒体ですので、
そちらを確認できない状況では、参加は控えるべきなのかなと思いますね。

ダークホースに対するひまわり考察(まとめ)

ダークホースに対しての私ひまわりの考察を申し上げます。

参加はしない方が無難 & 様子見が無難という考察です。

参加にあたっては面談の必要があるのですが、
その際、個人情報の一つである電話番号の提示をしなければなりません。

これはとても危険性があります。

こちら側で断ったとしてもその後、個人情報が先方側でまわされて、
別の案件の際に再度営業のための電話がかかってくる可能性を含んでいるからです。

あと着実に収入を増やしていこうとするのならば、
ギャンブルではなく、安定的な投資をすることをおススメ致します。

安心して心にゆとりを持った状態で、
ビジネスに取り組むことが重要であると私は思っております。

お金のために、
あなたの人生を終わらせてはいけません!

最初に申し上げました通り、
私は、FX自動売買ツールにて資金を運用し、収益を得続けております。

自動ですので、基本的に私側で日常的に行う操作はありません。

市場が乱高下する可能性がある場合のみ、
サポート側から連絡があってツール自体を止めるようにしております。

ご興味がある方は、最後までご覧ください。

私が実践している副業はこちら

今までお伝え致しました通り、
私が利用させて頂いているのはFX自動売買ツールです。

近年副業で実際に収入源を増やそうと
思っている方々は多くいらっしゃることを日々感じております。

これからの時代は会社員として収入を得るだけでは
困難な状況になりますので、将来に向けた準備が必要になってくるのは間違いありません。

各報道機関からの情報によりますと、
大手一流会社に勤務されている方でも次々と早期退職を促されている方も多いです。

特に45歳以上の管理職と呼ばれる方々もその対象になっているようです。

公務員であっても例外ではありません。

税金の使用に対する国民の目がインターネットによって、
情報が透明化されている関係で、日々厳しくなってきており、
リストラされることはなくても、今までのような昇給はなくなる可能性が高くなっているようです。

45歳以上といえば、お子さんに対しての教育資金や親御さんに対しての介護資金などがとても必要になってくる年代です。

私ひまわりのブログを通して、路頭に迷うことを避けて頂けることを切に願っております。

今回ご覧頂いたことが良いきっかけ、良いご縁になればと望んでおります。

FX自動売買ツールの無料モニターを紹介しています。

今回紹介している無料モニターは3つの特典を提供しています。

①月利50%実績のツールが無料
②運営側による設定サポート
③不労所得

どうして無料でモニターができているのか、どのようなツールなのか、
実績も含めて確認できますので、もしご興味をお持ちの方は下記のリンクをご覧ください!

▼実績をご覧になりたい、詳細を確認されたい方はこちら▼

https://himawari-life-777.com/muryou50_fxea/

FX自動売買ツールの
無料モニターへのご参加やご質問は下記のLINE公式アカウントにご連絡ください。

 

FX自動売買ツールをきっかけに未来が明るくなった私のプロフィール(^o^)